睡眠の悩み 不眠症が急増中

睡眠の悩み 不眠症が急増中

「夜中に目が覚める」

 

「昼間に眠気を感じる」

 

こんな睡眠の悩みを感じる人は日本で5人に1人。

 

睡眠障害と言われます。

 

最近では専門外来を設ける医療機関が増えています。

 

厚生労働省も快適な睡眠法など睡眠指針の改訂に乗り出したようです。

 

 

「寝付けなくて夜中によく目がさめます。睡眠薬も効きません」

 

50代の男性は医師に訴えた内容です

 

「横になると脚に嫌な感じがして、動かずにいられなくなりませんか」

 

診断結果は、寝つきを妨げる睡眠障害の一つ

 

「レストレスレッグス症候群」

 

といわれるもの。

 

安静にしていると脚がムズムズするなど異常な感覚を覚え、じっとしていられなくなる症状があります。

 

体質や鉄分不足が原因で30〜40人に1人で、特に、胎児に鉄分を取られる妊婦の患者は5人に1人とされる。

 

この場合、睡眠薬だけでは治りません。

 

異常な感覚を抑える服用薬が必要

 

診断で不眠の原因を特定できなければ誤った治療をしてしまうのは危険。

 

薬だけでなく正しい睡眠習慣を指導する体制が必要なのです。

 

高齢になるほど睡眠障害の頻度は高くなることがわかっています。。

 

入眠から目覚めまでの時間が長いためです。

 

睡眠時の環境、

 

ストレス、

 

生活習慣、

 

薬の副作用。

 

 

最近では不眠症があると糖尿病などになるリスクが1.5倍以上に高まる

 

生活習慣病との関連もわかってきています。

 

日中に急な眠気に襲われる「過眠症」

 

睡眠中の呼吸が妨げられる「睡眠時無呼吸症候群」(SAS)など睡眠障害は様々です。

 

SAS患者増加のきっかけは03年のJR山陽新幹線運転士の居眠り運転。

 

 

車の運転時のハンドル操作ミスが2〜7倍という研究結果もあり、

 

放置すれば重大な交通事故のリスクになります。

 

夜しっかり眠るなら、リフレのぐっすリズムを試してみてください。

睡眠障害6タイプとは

布団に入って眠りたい

 

なかなか眠れない

 

だれしもこんな経験はありますよね。

 

眠りに悩みを抱く人々は日本で増えています。

 

最近では睡眠外来、スリープクリニックといった治療が注目されています。

 

「睡眠障害」という症状を聞いたことがあると思います。

 

睡眠障害とは、どんな症状かよくわからないという方は以下を参考にしてください。

 

 

睡眠障害6種類

 

1.夜眠りたいのに眠れない『不眠症』

 

2.『睡眠時無呼吸症候群』

 

3.昼間眠くて仕方がない『過眠症』

 

4.昼と夜が逆転してしまうシフトワークの方に多い『睡眠覚醒リズム障害』

 

5.寝ぼけの問題で起こる『睡眠時随伴症

 

6.むずむず脚症候群などの『睡眠関連運動障害』

 

 

睡眠外来や、スリープクリニックでは、上記6つをを治療します。

 

医学的に精神科、呼吸器内科、耳鼻科を横断しているといえます。

 

睡眠時無呼吸症候群だけを診ている睡眠外来もあるにで、予約の際は電話で確認してください。

 

 

睡眠障害の自分の種類を確認しておくことが大切です。

 

 

日本国内の睡眠障害は4、5人にひとりです。

 

20〜30代の若手会社員は、

 

ストレスによる不眠症

 

昼間眠くなる過眠症

 

宵っ張りで起こる睡眠覚醒リズム障害

 

 

に気をつけたほうがいいです。

 

眠れないという状態が1カ月以上続くと要注意です

 

 

睡眠障害を予防するにはどんなことに気を付けたらいいか!?

 

夜型になりがちなのが人間です。

 

特にひとり暮らしの人は生活のリズムに気を付けてください。

 

生活が不規則になって食生活がみだれると睡眠覚醒リズム障害がおきます。

 

まずは規則正しい生活を送ってみてください。

 

 

どうしても眠れない時は、布団から出てリラックス

 

ぼーっとして、いやされるような音楽を聴く、すきなアロマを嗅ぐ

 

などしてウトウトしたら一度布団に戻ってみてください。

 

 

睡眠外来の利用と共に、マインドガードDXなどの快眠サプリメントの利用を併用してみることをおすすめします。

サプリメント栄養素の選び方

どの栄養素が欠乏しているかがわかれば、体にいいサプリメントが何かがわかります。実際にはどのように選べば良いのでしょうか。今の状態ではどんな栄養成分が足りていないかを、診断できるようなホームページもあります。どんな栄養が足りていないか、日ごろの生活習慣や食事の内容を質問に答える形で入力すると判別できるものもあります。

 

これらのアンケートや診断サイトはお金がかからないので、積極的に使いましょう。サプリメントには様々な商品があますので、栄養素に目星がついても迷うことがあります。特に今までサプリメントを使ったことがない人は、成分だけ指定してもサプリメントの商品はたくさんあります。

 

選べない時には、販売店の人や薬剤師に必要な栄養素や自分の健康状態を伝えて、サプリメントを選んでもらうと良いでしょう。栄養素の組み合わせによっては、サプリメント同士の効果が強くなりすぎたり、効果が弱まることもありますので、併用している薬やサプリメントについても話しましょう。

 

サプリメント同士の相互作用に気をつけて、併用する際には気を配る必要があるでしょう。口コミサイトや、ランキングサイトの内容をチェックして、どんなサプリメントが効果があるかを確認するという方法もあります。

 

自分の体が必要としている栄養成分を配合したサプリメントを選ぶ時には、人気商品や、売れている商品をチェックするのも役立ちます。

 

アンチエイジング食事法

 

アンチエイジング効果を、日々の食生活を見直すことでアップさせる方法があるといいます

実はアンチエイジングにはさまざまな目的があり、一般的に女性が取り組む美容方法と思われていますがそうではないといいます。

 

加齢による体への影響を食い止めることは、健康で長生きするための予防医学にもなります。大切なのは見た目の若さではなく、体を本当の意味で若いままで保持できるような方法を実践することです。アンチエイジングの食事では、塩分や油分を控えることが大事です。

 

お酢やハーブを使ったり、カツオや昆布などの出汁を上手に使うことで、おいしく薄味の料理を食べることが可能です。

 

テーブル上には、醤油やマヨネーズなど、塩分や脂肪分のたくさん入った調味料を置かず、出してくるのは必要な時のみというのもおすすめです。

 

料理の盛り付けは小皿でして、なるべく一口を小さくしつつよく噛んで食べることも、効果的にアンチエイジングに作用します。

 

同じものばかり食べるより、様々な食材を少しずつ食べるようにしましょう。

 

アンチエイジングにいい食事法としては、白、黒、赤、緑、黄の5色のものを考えて、毎回の食事で摂取できるように心がけると良いでしょう。

 

白はご飯やパン、黒はのりや黒ごま、赤はトマト、にんじんなどがあります。意識して毎日の食べ方を工夫する方法は、アンチエイジングに非常に効果的だといえるでしょう。