睡眠障害が健康に与える影響とは?自律神経以外に寿命にも影響する?

睡眠障害が健康に与える影響とは?自律神経以外に寿命にも影響する?

 

睡眠障害は、規則的な睡眠が医学的な何らかの定義によって妨げられる状態を指すものです。一般的には良く眠れない事を指すと思われがちですが、実際には眠れなくなる理由によって幾つかの系統立った症状の定義が為されています。また逆に、眠り過ぎてしまう症状も該当するものとして定義されています。

 

但しどのような定義で所見が確定された場合においても、肉体的・精神的な何らかの負担を与えるものである事は確かです。そしてその内容によっては、時に致命的な症状すら齎される事があるので、要注意の病気と言えます。

 

まず一般的な睡眠障害として最も知られるであろう不眠症ですが、睡眠時間の割には疲れが抜けた感じがしない・起床すべき時間よりも早く目覚め過ぎる上にその後は眠れない・床についてから概ね30分以上眠る事が出来ないといった形で、症状が現れるものとなります。何れにせよ睡眠時間そのものが短縮化される要因となり易いので、肉体的に負荷が強まって疲労を感じ易くなる原因に繋がって来ます。
また疲れと睡眠時間の短縮化が相互に作用し、日中の眠気・注意力が散漫化し易いという症状も出て来ます。この事は自律神経のリズムを悪化させる要因ともなり、伴って更なる不眠状態を生み易くなるという、厄介なサイクルを引き起こし易くなります。

 

次に近年特に注目を浴びている睡眠障害の症状として、睡眠時無呼吸症候群を挙げる事が出来ます。これは肥満による就寝時の気管の圧迫や先天的な気管支の形状等を主な要因とし、気道の閉塞が起きる事によって睡眠中に一定以上の時間の無呼吸状態が続き、それが1回の就寝中に頻回に渡って起きる事を指します。

 

この状態になると、睡眠の質が大きく低下する要因となります。伴って、日中の倦怠感や眠気・頻繁な夜間覚醒や排尿・頭痛といった症状が齎される事となります。これによって肉体的な負荷と共に、精神的なリズムの狂いにも繋がって自律神経に影響して来る事も有り得ます。

 

更に睡眠時無呼吸症候群の重要な問題として、呼吸が再開される際に気管支系・血液循環に一時的に大きな負荷が掛かるという問題があります。高血圧といった状況が重なった場合において、心疾患や脳梗塞を発症する引き金となるケースもあり、その症状如何によっては命の危険が齎される可能性があります。

 

寿命にも影響するという点で、特に注視しつつ治療を図るべき睡眠障害となります。

 

そして先に挙げたように、眠り過ぎる状態として定義される過民症もまた、睡眠障害の1つとなります。その中にも幾つかの種類がありますが、症状としては日中に耐え難い眠気を感じる・居眠りを催す・夜間の睡眠が10時間以上の長さに及ぶ場合があるといったものが代表的です。

 

眠れてはいるので疲労の問題は生じ難いですが、覚醒しているべき時に眠くなるので日中の活動は阻害されます。伴って体内のリズムは狂い易くなり、自律神経への影響が生じ易くなります。そもそもが脳機能の異常を原因としているケースもあり、自律神経由来を含めた精神面での問題は出易いものと考えられます。

 

最後に挙げられる睡眠障害の系統が、何らかの身体的・精神的不調やその治療が障害を呼び込んでいるというケースです。つまり、合併症状として睡眠に悪影響が出ているケースがあるのです。身体面では、喘息といった呼吸器の疾患・頭痛や痒み・消化器系の各種疾患を原因として挙げられます。

 

また精神面では、うつ病や神経症が原因の代表格となります。これらの事が原因の場合には治癒に至れば症状の回復が期待出来ますが、裏腹に治療の為に使用する処方薬が不眠を齎しているケースもあります。不眠への対処として出された睡眠薬が、過眠や不眠の原因となっているケースも見られます。個人差はありますが、神経系統に大きな影響を与えている場合があるのがその理由で、自律神経への障害へと波及してしまっている訳です。

 

ここまで主に4つのタイプを挙げて来ましたが、共通して問題となり易いのは自律神経に関する影響です。一方で睡眠時無呼吸症候群の項目で記したように、命の危険を孕む場合もあります。更に治療が障害を強める原因となったり、別の方向での障害を齎すケースもあります。自律神経に留まらず、かなり広範な影響を健康面で齎してしまう可能性がある点で、厄介な肉体的・精神的な障害となります。

 

特に疲労が症状の1つとなる場合、その事が精神・肉体の疾患を呼び込む1つの要因となり得ます。そして疾患に至った場合、その合併症状として更なる睡眠の問題が齎される可能性があります。こうした悪循環に陥ると疲弊の度合が高くなってしまって、大病として表出する事も充分にあり得る状況となります。

 

程度の軽い内は大きく悩むほどで無いケースもあり、たかが不眠(眠り過ぎ)と捉えられがちですが、健康面を考慮すると間違い無く侮れない症状であると言えます。傾向が見られるような時点で、しっかりと対処を取りたいものです。

 

 

質の高い睡眠とは

人は誰でも睡眠を取ります。

 

ただ、睡眠の質を考えることが大切です。

 

前日の疲労が残ってしまうのは、質の高い睡眠とは言えません。

 

ぐっすり眠れれば、朝は爽快な気分になります。

 

どうすれば質の高い睡眠を取ることができるのでしょうか?

 

眠りについてはかなり個人差があります、

 

誰にでも効果のある睡眠法があるわけではありません。

 

いろいろな睡眠方法を知り、自分に合った睡眠法を見つけることが大切です。

 

睡眠の質を上げて、睡眠について自分でできることをするには、

 

睡眠グッズを利用する方法があります。

 

 

身近な道具としてiPhone、アンドロイドがあり、iPhoneで動作するアプリを利用している人もいます。

 

iPhoneで目覚まし時計アプリはたくさんあり、より快適な睡眠をサポートして知れるものを探しましょう。

 

快眠サイクル時計はそのようなアプリを探していた人に注目されているものです。

 

個人の睡眠サイクルを分析して、快適な目覚めを実現してくれるのです。

 

睡眠サイクルで実際に使っている人も多いですよね。

 

寝る前にやってはいけないこと、やった方がよいことなど、睡眠に関する情報はたくさんあります。

 

自分で簡単にできることから始めましょう。

 

費用が掛かることよりも、無料でできる方がはじめやすいですよね。

 

眠れない時に食べるといい食品

どうしても腹が減って眠れない時に食べるものとして

 

良いものがあります。

 

やはり寝る直前ですので、カロリーは抑えたいですよね。

 

納豆やもずくが思いつくかもしれませんが、

 

正解は、バナナです。

 

バナナは直ぐに胃腸で消化され、

 

カロリーも抑えられます。

 

「朝バナナダイエット」

 

として、お腹が空いた時の対処法で紹介され、人気の方法です。

 

また、ホットミルクにハチミツを入れて飲むのもオススメです。

 

お腹が温まると満足感があり、甘みがあるとと気持ち的にも満足感がでてリラックスし、

 

副交感神経が活発になるので眠りやすくなります。

 

 

しかし、寝る前に食べると睡眠の質が悪くなるので、時間を逆算して置きたいものですね。

 

夜食を食べるのも眠りが浅くなるので避けてくださいね。

 

どうしてもおなかがすいて夜食を食べたい!となったときは、こんにゃく、海草、キノコ類などは低カロリーなのでオススメです。

 

 

また、身体を使って運動を多めにする、勉強、読書で頭脳を酷使するなどすれば、

 

疲れて多少おなかがすいていても寝てしまうので、昼間の活動の修正も行ってみてください。

 

途中で目を覚ますことはなくなります。

水分補給で睡眠の質は上がる

11月中旬になると寒くなりますよね。

 

「あと5分…」

 

と布団の中で二度寝、三度寝してませんか?

 

スッキリした1日をスタートするには、

 

眠りの質にこだわるといいです。

 

睡眠を満足にとるためには水分補給が重要なのがわかりました。

 

就寝前に水分補給

 

目覚めの良い朝を迎えたいなら

 

理想的な“眠り方”をしっておいてください。

 

 

冬は寒さのせいで睡眠の質が悪化しがちです。

 

基本的に日本人は睡眠不足になりがちです

 

 

冬は基本的に人間の体が睡眠時間を必要とします。

 

睡眠をきちんと取るために、寝る・起きる時間を一定にすること。

 

ライフスタイルを変えるのは難しいですよね

 

まずは眠る前の準備をしっかりしてください。

 

ベッドに入る前の1時間は、リラックスタイム

 

眠る準備にあてることが大切です。

 

 

 

部屋を暗くする

 

スマホやテレビを見ない

 

明るすぎる光は自然な眠りを誘発するメラトニンの分泌を抑制します

 

結果、眠りが浅くなってしまうのです。

 

 

人は一晩でコップ1杯ほどの汗をかきます。

 

水分不足のまま眠ってしまうと、夜中に喉が渇くので眠りがあさくなります。

 

一度起きて部屋の明かりをつけると、さらに眠りの質が低下します。

 

カラダをリラックスさせて、

 

就寝前はノンカフェイン、ノンアルコールドリンクで十分水分補給してください

サプリメントで必要栄養素を摂取

 

 

自分に合うサプリメントを見つけるには、必要な栄養は何かをまず突き止めることです。

 

お肌にはビタミンとコラーゲンが良いからサプリメントを購入するというのは、あまりにも短絡的でおすすめできません。

 

いつもはどんな食事をしているかをチェックします。

 

コンビニやファミレスなどでの食事が多く、野菜を食べていない場合は、ビタミンが十分でない可能性があります。

 

貧血気味かどうかは、目の下の皮膚を見ればわかります。

 

目の下を引っ張ってみて、皮膚が白くなるようなら、鉄分などのミネラルが体内に十分でないかもしれないのです。

 

どんな栄養を摂取すれば自分のコンディションはよくなるかを考えましょう。

 

普段の食事メニューを少し変えることで、サプリメントを使わずに栄養補給が可能になる成分もあるでしょう。

 

ビタミン類の栄養素の場合には、1回に多量のビタミンを摂取しても、必要量以外は体外に排出されてしまいます。

 

不足気味な栄養素を、必要量に応じて摂取したい場合は、サプリメントは使いやすいものです。

 

サプリメントを使わず、食事で栄養を取り入れることができるなら、その方が望ましいでしょう。

 

ただし、仕事の都合などで家での食事があまりできないという人は、

 

サプリメントを使って必要な栄養を必要な時に摂取するというスタイルが、とても効率的です。

 

既に体内に存在している栄養素を、さらにサプリメントで摂取すると大きすぎることもあります。

 

自分の体にはどんな栄養成分が不足しているかを確認した上で、サプリメントを選びましょう。

 

快適睡眠の為に

 

豆腐ダイエット注意点

 

豆腐ダイエットをする場合には、どのようなことに注意するべきなのでしょうか。

 

ダイエットにとても良い食材である豆腐は、高たんぱくで低カロリーが特徴です。

 

しかし、ダイエットにいいからと豆腐ばかりを食べるダイエットは体によくありません。

 

豆腐は良質なたんぱく質やビタミン、ミネラルが豊富な優良食材ですが、豆腐だけでは体に

 

必要な栄養を補給することはできないからです。要注意なのは特におかず代わりに豆腐を食べて

 

ダイエットをしている人だといいます。鉄分や食物繊維が、豆腐ばかりを摂取していると不足してしまいます。

 

中でも怖いのは鉄分不足で、それが要因で生理不順や貧血になってしまいます。便秘の原因になってしまうのが、

 

食物繊維が不足して便のかさが減ってしまった場合です。ダイエットをしたい人にとって便秘は厳禁です。

 

鉄分や食物繊維を野菜や果物で摂るように心がけることが、豆腐ダイエットを行う場合には不可欠です。

 

豆腐はカロリーの低い食材なので、豆腐ダイエットを始めてしばらくは体重が順調に減っていくように感じるかもしれません。

 

食事から十分なカロリーが得られないと体は飢餓状態になり、脂肪を貯め込みやすい体質になります。

 

体重が一時的に減っても、後からリバウンドしてしまうこともあるでしょう。

 

ダイエットに豆腐をうまく使いながら、栄養バランスのとれた食事を摂取することが大切なのが豆腐ダイエットなのです。

 

 

 

サプリメントでメラトニンを摂取したいと思っても、日本ではメラトニンのサプリメント使用は認められていません。

 

アメリカなど、海外で製造されるサプリメントでは、時差ボケや不眠解消用に用いられています。

 

サプリメントとして利用されるメラトニンですが、元々は体内に存在する成分でホルモンの一種でもあります。

 

だいたい決まった時間に眠ったり、起きたりといった毎日の生活のリズムを体内時計で調整する働きがあります。

 

時差ぼけを手っ取り早く治したいという場合は、太陽の光を体に受けるといいとされています。

 

一時的に狂いが生じていた体内時計も、太陽光の下で活動することで改善されていきます。

 

天気が悪くて太陽の光を浴びられなかったり、ストレスが蓄積して体内時計が改善しないという症状もあるといいます。

 

お日様の光に当たっても、効果が薄い場合もあります。

 

うまく体内時計働かない時に便利なのがメラトニンのサプリメントです。

 

メラトニンには抗酸化作用や抗癌作用、そして活性酸素と呼ばれる体の老化させる元ともいえる物質を抑制してくれる働きなどもあります。

 

年を取っても若々しくあるために、メラトニンを用いる人もいます。

 

メラトニンをサプリメントで摂取することで、時差ボケで狂った体内時計を直したり、不眠症対策ができるだけでなく、健康にもいい影響があります。

 

睡眠サプリメント

 

 

 

メラトニン効果&サプリメント商品

 

 

ホルモンと身長サプリメント

 

身長を伸ばすためのサプリメントの種類は実にさまざまです。

 

大別すると、栄養不足を補うことで身長を伸ばすタイプと、ホルモンを活性化させて身長を伸ばすタイプです。

 

甲状腺ホルモン、性ホルモン、成長ホルモンの3種類、身長を伸ばすホルモンが存在しています。

 

これらのホルモンの分泌を促進すれば、骨の成長を助けることができるのです。

 

ホルモン分泌量が少ないと、たくさん栄養を摂ってもなかなか身長を伸ばすことができないといいます。

 

身長を伸ばすのに効果的なのは、サプリメントを利用してホルモン分泌量を多くすることです。

 

成長ホルモンを注射したり、舌下スプレーを使ったりすることは、医療の分野でも低身長の治療のために行われています。

 

サプリメントでも、毛細血管の多い舌裏から吸収するタイプがあります。

 

ほかにもあらかじめ水に溶かして飲む胃腸吸収型、成長ホルモンの原料を錠剤として摂取するものなどもあるそうです。

 

必要なのは、自分の体質に合うものを選ぶことなので、各特徴をしっかりと把握しましょう。

 

自分自身のホルモン分泌量を減らしてしまったり、バランスを崩すことがありますので、

 

成長ホルモンサプリメントによって身長を伸ばす方法はよく調べてから実践しましょう。

 

睡眠前がサプリメントにいちばん良い摂取の時間で、ノンレム睡眠中に眠りに入って90分後入りますので、

 

効果的にホルモン分泌量を促がすことができるでしょう。