不眠症は心臓病発症リスクを高める!?

不眠症は心臓病発症リスクを高める!?

厚生労働省が日本人を対象に行った調査では、

 

なんと日本人5人中1人に睡眠の問題を抱えていることが分かっています。

 

不眠症は日本人の国民病ともいっても過言ではありません。

 

不眠の主な原因は以下のとおりです。

 

 

心の病

 

・ストレス

 

・うつ

 

 

体の病気

 

・睡眠時無呼吸症候群

 

・高血圧

 

・心臓病

 

 

刺激物

 

・薬

 

・コーヒー紅茶に含まれるカフェイン

 

・たばこに含まれるニコチン摂取

 

 

これらは睡眠を妨げる原因として要注意です。

 

不眠症の要因はたくさんあります。

 

まずは要因を見つけ、できるだけ取り除くことが、不眠症改善、安眠の為に重要です。

 

さらに、不眠症を放置するとぐっすり眠ることが出来る人たちと比較し、

 

 

心臓疾患にかかる危険性が45%も高い

 

 

ことが研究から分かりました。

 

 

 

米国心臓協会ジャーナルの情報です。

 

「毎日寝るのに苦労している人」

 

不眠症患者ではない人と比較すると心臓発作の危険性が45%も高まるというのです。

 

 

不眠症と大きな心臓疾患との関連の原因は具体的にはまだ分かっていません。

 

不眠問題が心臓発作の危険因子である高血圧に影響を及ぼす可能性があるのです。

 

 

不眠を「単に眠れないだけ」と軽くとらえていては、体への負担が増えるばかりです。

 

専門医に相談する、快眠サプリなどを活用して不眠症対策を行うことが必要不可欠なのです。

 

 

 

“健康は、質の良い睡眠から”

 

 

 

秋の夜長に

 

読書やテレビや、映画鑑賞、スマホでゲーム、友達とラインなど

 

ついつい夜更かしをしてしまいがちです。

 

『快眠の為に断ち切りたい「寝る前の悪習慣」13』

 

を参考にしてください。

 

就寝・起床時間を一定

 

太陽の光を浴びてセロトニンをだす

 

適度の運動

 

自分流のストレス解消法を見つける

 

寝る前にリラックスタイムを作る

 

寝酒はしないなど

 

不眠症改善に効果的な生活習慣の実施が大切です。